テンダのDX

サービス

『テンダラボ』
ITプロのサブスクリプション

テンダラボは状況に応じて必要な人材を必要な期間だけ契約するラボ型開発サービスです。 プロジェクトの状況に応じて開発体制を柔軟に変更することが可能です。

ABOUT

テンダラボとは

昨今はシステム開発にスピードを求められる時代です。
クラウドサービスなどが発達・普及した昨今、ビジネスを取り巻く市場の変化に合わせたスピーディな対応が求められるようになってきました

しかし、それを実現するにはいくつもの課題が発生してきます。
・要件定義やドキュメント作成に時間がかかる
・仕様変更や機能追加時に都度見積もりが必要
・開発ができる人材の採用ができない
・作業場所が自社に作れない

それらを解決するのが国内ラボ型開発である「テンダラボ」です。
人員のみを押さえ月額費用を定額化できることから「ITプロのサブスクリプション」とも言い換えられるサービスです。
従来の一括請負モデルとは異なり、アサインメンバーやチームへの作業依頼が柔軟に行えます。
R&DやPoC案件、仕様変更、追加開発のご要望が都度発生するプロジェクトへの迅速な対応が可能です。

テンダラボの強み

テンダラボでは状況の変化に合わせた体制構築や技術者の確保が可能です。

即時対応

ご要望に対して即時対応できる体制を維持いたします。
また、要件が未確定でもまずは着手してみるなど、対応内容に縛られない、保守運用などとも違った形の体制を提供することが可能です。

高い柔軟性

要件の途中変更や仕様変更、スケジュール変更でも柔軟に対応が可能です。
体制についても一定規模を維持し続けることが可能です。

スキルレベルの高い技術者の確保

テンダラボは「受託開発チーム」に所属した形での体制構築になります。
社内受託開発で鍛えられた、スキルの高い技術者を提供することが可能です。

詳しい資料を見る

 

CASE

このサービス・ソリューションを利用した
課題解決の紹介

業務改善

社内の情報システム部門が1人しかおらず退職リスクが大きい

社内の情報システム部門が1人しかいない。情シス担当者しかわからない業務多く、担当者が退職するような場合の業務影響が非常に大きい。

アプリ開発

既存アプリの課題が明確になっておらず、どこから手を付けて良いかわからない

リリース済みの旅行情報アプリが利用者ニーズを満たせていないため大きく方針転換をしたい。 現在の利用状況の分析ができておらずどう進めて良いかわからない。

ウェブ開発

システムの改善をしたいが、優先度が決まっていないので進めながら判断したい

基幹システムについて、UIとメンテナンス性を中心とした機能改善をしたいが、改修要件が非常に多い。 作業の優先度が都度変動する可能性があるため、予定を確定できず困っている。

SERVICE / SOLUTION

関連サービス・ソリューション

サービス

『SIサービス』システム開発・保守

テンダのシステム開発・保守サービスです。お客様のニーズに合わせた業種・目的を問わなず幅広く対応を行ってます。

サービス

『テンダコンサルティング』
働き方改革/ワークスタイル変革を実現

働き方改革/ワークスタイル変革にフォーカスし、上流から下流までトータルサポートいたします。テンダのプロダクトやサービスを活用することでお客様の各種課題を解決に導きます。