テンダのDX

ウェブ開発

システムの改善をしたいが、優先度が決まっていないので進めながら判断したい

基幹システムについて、UIとメンテナンス性を中心とした機能改善をしたいが、改修要件が非常に多い。 作業の優先度が都度変動する可能性があるため、予定を確定できず困っている。

課題

改善要件が多く予定が確定できない

利用中の基幹システムについて、以下のような問題があり大幅改修を行いたい。

・操作に癖があり、使い勝手が悪い。
・データ連携の都合上、他システムのマスタデータや組織データを年に数回メンテナンスが必要。
・データメンテナンスのためにSEが対応する必要がある。

当初の見積工数としては10人月以上の規模。
作業を細分化すると大小様々な改修箇所がある中、優先度が都度変わる可能性があった。
マスタメンテナンスのための保守体制も絡んでくるため、一般的なウォーターフォール型の開発ではうまくスケジューリングできない状況。

解決アプローチ

テンダラボの導入を提案

改修対応と並行してメンテナンス作業などができる体制確保が必要であることに着目し、国内ラボ型開発「テンダラボ」の導入を提案した。

テンダラボでは人月単位でのリソースをテンダ内に確保する。
体制のみの維持となるので機能やスケジュールは優先度にあわせた業務遂行が可能。

達成効果/期待効果

柔軟かつスピーディな対応の実現

テンダラボを採用したことにより、優先度や作業内容の変更が発生しても再見積りが不要となりスピーディな対応が可能になった。
体制のみを維持するので、機能改善とメンテナンスの対応比重を変えることも可能なのも大きなメリット。

緊急度の高いメンテナンスになった際は、機能改修の優先度を下げてメンテナンスに集中するような対応が行える。

SERVICE / SOLUTION

この課題を解決した
サービス・ソリューションの紹介

サービス

『テンダラボ』
ITプロのサブスクリプション

テンダラボは状況に応じて必要な人材を必要な期間だけ契約するラボ型開発サービスです。 プロジェクトの状況に応じて開発体制を柔軟に変更することが可能です。

CASE

関連する課題解決

ウェブ開発

WordPressで作成したWebサイトを改ざんされてしまった

第三者による不正アクセスがあり、既存のWebサイトを改ざんされてしまった。 今後も発生しないか不安が残るためセキュリティを強化したい。

ウェブ開発

RPAロボットへの影響が出ないように既存サイトをリニューアルしたい

既存サイトをリニューアルしたいが、作業効率のために作成したRPAロボットに影響が出てしまうため、なかなか実現できていない

ウェブ開発

既存システムがWeb会議を想定しておらず使い勝手が悪い

稼働中のWebシステムについて、面談予約や設備予約の機能がある。Web会議を想定した設計になっておらず、予定登録を二重に行う必要があるなどの手間が増えている。

アプリ開発

交通事業において、交通上の異常が発生した時の現場とのコミュニケーションを円滑にしたい

線路や道路など、交通上の異常が発生した時、現場責任者、担当者との連絡は電話ベースの連絡のみとなっている。 怪我をされた方がいるケースもあるため、現場状況の把握をできるだけ迅速に、正確に行う必要があるが、電話のみでは限界がある。