テンダのDX

業務改善

情報システム部門の人員不足であり、Microsoft 365など導入サービスの活用が遅れている

Notesレガシーシステムの移行先としてMicrosoft 365を選択したが十分に活用ができていない。情報システム部門の人員不足(通称 ひとり情シス)でありDXなどの取組が遅れている。

課題

ひとり情シスによる導入サービス活用の遅れ

Notesレガシーシステムの移行先としてMicrosoft 365を選択したがメール機能の利用のみに留まっており、各種機能が活用できていないことが社内で課題となっている。
上手くサービスを活用してDX(デジタルトランスフォーメーション)推進したいが、遅々として進まない状況である。

情報システム部門の人員不足(通称 ひとり情シス)が大きな要因となっている。
情シス人員の退職が影響しており、下記のような状態である。
・新しい情シス要員が新規技術を学習するのに時間がかかる
・人員が少ないためサービス活用に時間をとる余力が無い
・「退職した人員の頭の中だけ」にあるノウハウがあり、問題の度に調査が発生してしまう
この、ノウハウの蓄積が十分されないことが、新規技術への取組みの遅れにつながっている。

解決アプローチ

Microsoft 365のスペシャリスト集団のノウハウを活用

テンダの提供するOffice365利活用サービスの導入を提案。
Microsoft 365の各種機能(SharePoint、Teams、Power Platform等)を活用できる枠組み作りをテンダが支援いたします。
結果として情報検索の効率化、コミュニケーション、コラボレーションの活性化につなげます。

達成効果/期待効果

ひとり情シスにおいてもDX化を推進&退職リスクにも対応可能

「Office365利活用サービス」でテンダがSharePointやTeamsの活用基盤を構築しDX推進につなげた。

社員トレーニング、システムの設計・構築、QA対応をアウトソーシングすることで、社内の情シス人員の負担を最小限にしながらMicrosoft 365の活用基盤を構築。
各種ノウハウをFAQ化、データーベース化し、幅広いノウハウを検索可能とした。

また、構築時の内容を資料やFAQとして残すことで、基盤自体についても俗人化の回避を実現した。

SERVICE / SOLUTION

この課題を解決した
サービス・ソリューションの紹介

サービス

『TENDA BPO』業務改善のアウトソーシング

業務改善に特化したBPOソリューションです。テンダのプロダクト/コンサル/エンジニアを活用し、お客様の業務改善を上流から下流までトータルサポートいたします。

自社製品

オーダーメイド可能な『TENDAのAIチャットボット』

『TENDAのAIチャットボット』は、社内業務の問合せ対応に特化したチャットボットソリューションです。オーダーメイド方式を採用し、各企業のニーズに合わせた機能提供が可能です。

CASE

関連する課題解決

アプリ開発

交通事業において、交通上の異常が発生した時の現場とのコミュニケーションを円滑にしたい

線路や道路など、交通上の異常が発生した時、現場責任者、担当者との連絡は電話ベースの連絡のみとなっている。 怪我をされた方がいるケースもあるため、現場状況の把握をできるだけ迅速に、正確に行う必要があるが、電話のみでは限界がある。

業務改善

月一回のタイミングで一括入力する社外メンバーの勤怠情報入力に時間がかかる

定常的に社外に常駐している社員が複数名いるが、自社の勤怠システムへの情報入力が必要。現在はExcelファイルに入力した内容を人事総務の担当者が手入力を行っているが、1日がかりの作業になることもあり負担が大きい。

業務改善

頻繁に行う社内のルーチンワークの手間を減らしたい

社内の申請ワークフローの内容確認、期限管理など、シンプルな作業だが、量が多い、都度の対応が必要であるなど担当者の負担が大きい。

業務改善

受注・購買情報の一括管理システム

各店舗の受注・購買情報を一元管理したい。 Excelファイルに受注、購入の経費を入力して管理をしているが、世代管理がされていないため最新情報の管理がうまくできていない。 新しいシステムにできるだけ早く切り替えを行いたい。