テンダのDX

業務改善

社内の情報システム部門が1人しかおらず退職リスクが大きい

社内の情報システム部門が1人しかいない。情シス担当者しかわからない業務多く、担当者が退職するような場合の業務影響が非常に大きい。

課題

ひとり情シスが問題となっている

従業員が数百名規模にもかかわらず、情報システム担当(以下情シス)が1人、または少人数の状態となっている(通称 ひとり情シス)。

中規模の企業における情シスは、社内システム管理やPC等の機材管理、導入検討のほか、「パソコン全般の詳しい人」として様々な業務が集中する状態である。通常業務内でのトラブル対応が重なることもあり、ひとり情シスへの負担が非常に大きく、自由に休みがとれないなどの問題も発生している。

また、ひとり情シスへの業務の属人化も大きな課題であり、情シスが退職する際にスムーズに引継ぎが行えない懸念も見込まれる。企業としてリスクであることは把握しているが、IT人材の採用も思うように行えず苦労している。

解決アプローチ

情シス部門のアウトソーシングをご提案

テンダラボによる情シス部門の体制強化と、ひとり情シスが持っていたノウハウの整理を実施。

テンダラボは状況に応じて必要な人材を必要な期間だけ契約するラボ型開発サービス。
プロジェクトの状況に応じて開発体制を柔軟に変更することが可能。

運用サポートのような動き方も可能である。

達成効果/期待効果

負担軽減と退職リスクの低減

テンダラボを用いて情シス部門の体制を強化することで、1人の情シス担当に集中していた業務の負荷分散につながる。
情シス担当が休暇取得がしやすい状態となり、担当者の従業員満足度の向上も期待できる。

また、並行してドキュメント化されてなかったナレッジを社内wikiにアウトプットする動きもとることで、将来的な情シス担当の退職などに備えることができる。

SERVICE / SOLUTION

この課題を解決した
サービス・ソリューションの紹介

サービス

『テンダラボ』
ITプロのサブスクリプション

テンダラボは状況に応じて必要な人材を必要な期間だけ契約するラボ型開発サービスです。 プロジェクトの状況に応じて開発体制を柔軟に変更することが可能です。

CASE

関連する課題解決

業務改善

競合企業の価格調査をマンパワーで行うのは時間もかかるので大変

ECサイトを運営しており競合他社の製品情報をマンパワーで収集している。 競合のECサイトは数も多く、また商品数も膨大にあるため価格調査をするだけでもかなりの時間を要している。

業務改善

社員のノウハウを共有して生産性を向上させたい

各社員の持っているノウハウが共有、活用がされておらず、組織として生産性が低い。 ノウハウが個人依存となり、組織としての成長力の足かせとなっていた。