テンダのDX

COLUMN

AI OCR技術とChatGPTがもたらすビジネスの新たな可能性

AI OCR技術とChatGPTがデジタルトランスフォーメーションを推進し、企業の業務効率化や新たな価値創造につながります。本記事では、AI OCR技術とChatGPTの概要と、それらの技術がもたらす可能性について解説します。

AIを活用した業務改善の進歩は目まぐるしく、特に2022年末に登場した言語生成AIであるChatGPTの登場によりその可能性は大きく広がりました。今回は、文字認識をするAI OCR技術とChatGPTを組み合わせた業務改善の可能性についてご紹介いたします。

AI OCR技術の概要

OCR(Optical Character Recognition)技術は、紙や画像上の文字をテキストデータに変換する技術です。例えば「手書きの伝票を読み込んでデータとして入力する」ような用途が挙げられます。AIを活用したAI OCR技術では、機械学習や画像認識技術を用いることで、さまざまなフォントや手書き文字の認識精度を向上。より柔軟で効率的なデータ変換を可能とします。

ChatGPTの概要

ChatGPTは、OpenAIが開発した自然言語処理AIです。高度な自然言語理解力と柔軟な対話能力を持ち、まるで人間とコミュニケーションするかのようなチャットや文章生成が可能です。これにより、文章執筆や資料の解析、チャット形式の対話システムなど幅広い分野で活用が期待されています。

AI OCR技術とChatGPTの可能性

AI OCR技術とChatGPTを組み合わせることでその可能性は大きく広がります。業種によってできることは変わってきますがその一例を以下に記載いたします。

1.文書のデジタル化と情報管理の効率化

資料などの文書をデジタル化し、ChatGPTを活用して情報の分類や検索を効率化することができます。従来は該当の文章を検索する程度に留まっていましたが、ChatGPTを活用することで要点をまとめてもらう、チャットで質問形式で回答を得るといった活用方法が可能です。

2.自動翻訳と多言語対応

ChatGPTは文章の翻訳にも対応しています。読み取ったテキストをChatGPTを用いて自動翻訳し、情報の多言語対応が可能になります。

3.カスタマーサポートの向上

顧客からの書類や手書きの問い合わせをデジタル化し、ChatGPTを用いて迅速かつ正確な対応を実現できます。長い手書きの文章をデータ化するだけでなく、複数顧客からの問い合わせ内容の傾向をレポート化して手早く責任者に報告を行うことも可能です。

4.データ入力業務の効率化

AI OCR技術によるデータ変換とChatGPTによる解析を組み合わせることで、データ入力業務の効率化が図れます。たとえば、取り込んだ文章の誤字チェックをChatGPTで行い、文章校正を半自動化することも可能です。

複数のAIサービスを組み合わせることでの可能性。

AI OCR技術とChatGPT、それぞれが持つ技術の強みを活かすことで、企業のDX(デジタルトランスフォーメーション)を加速させる可能性を秘めています。ただし、やみくもにAIを導入するのではなく、課題を明確化し適切なAIの導入をすることが重要です。

社内にどういった課題があって、それを解決するためにどういったAIを組み合わせる必要があるのか、その判断が今の時代求められてると言えるでしょう。

自社でその整理が難しいときは、ノウハウのある企業に相談することも有効な手段です。