テンダのDX

業務改善

業務で使用する複数システムへのログインとパスワード管理が大変

社内業務で複数のシステムを利用しているが、それぞれのログイン情報を確認して入力する手間が発生している。パスワードは定期的に変更されるため、情報の管理作業も必要となっている。

Microsoft 365

想定企業日常的に複数のシステムを利用する業務がある

課題

複数システムへのログイン作業が負担に

システムを利用する際にはそれぞれのシステムにログインする必要があるが、要配慮個人情報を扱うシステムなどもあるため、セキュリティの観点からパスワードの有効期限を短く設定している。
そのため、システム利用時には最新のログイン情報を確認する必要があり、ログインをするだけでも情報確認と入力の手間が発生し担当者の負担になっている。

また、定期的なパスワード変更を実現するため、管理者側よりパスワードの変更を求めるアナウンスをするなどの業務も必要となっていた。
複数のログイン情報があるため、管理も煩雑な作業となっている。

解決アプローチ

シングルサインオン(SSO:Single Sign On)の導入

ひとつのログイン情報で複数のシステムの利用が可能になるシングルサインオン(SSO:Single Sign On)を導入することで情報管理の手間を軽減化する。
シングルサインオンで利用するログイン情報は、社員が共通して持っているMicrosoft 365のアカウント情報を採用する。

達成効果/期待効果

一度のユーザー認証で負担を軽減

シングルサインオンの導入により一度のログインで複数のシステムの利用が可能となり、複数のログイン情報を確認する必要がなくなった。
複数システムへのログインの手間がなくなったことで担当者の負担も減り、業務効率化につながった。
また、Microsoft 365のアカウントを採用したことでパスワード変更を求めるアナウンスも不要となり、パスワードの変更時に発生していたログイン情報の管理作業が軽減化された。

SERVICE / SOLUTION

この課題を解決した
サービス・ソリューションの紹介

AI・RPA

『SIサービス』システム開発・保守

テンダのシステム開発サービスです。お客様のニーズに合わせて業種・目的を問わなず幅広く対応を行ってます。開発だけでなく課題の洗い出しを含む企画サポートや、DXに関連したシステム開発等も請け負っております。

業務改善

『Office365利活用サービス』

Microsoft 365のTeamsやPower Apps、Power Automate等のサービスを活用し、お客様の業務改善をご支援します。

CASE

関連する課題解決

業務改善

パブリッククラウドの新規導入に向けたマニュアル整備・管理

オンプレミスによるサーバー運用の高コスト化が進んだため、パブリッククラウドの導入・移行を求められているが、導入準備として大量のシステムマニュアルが必要となる。

業務改善

自社内における請求業務担当者の負担を減らしたい

自社販売商品の請求業務を行っているが、各システムを参照して請求書(Excelファイル)へ転記する必要があるなど手間が多いためミスを誘発しやすい。

業務改善

工場内における検品マニュアルの整備・電子化

工場内にてアルバイトを活用しながら仕入先からの大量の納品物の検品・受入れをしているが、作業員の作業品質にバラつきがあり、検品漏れや再検品などの手戻りが発生している。

ウェブ開発

複数システムの多様な情報を一元管理したい

各システムのデータ形式の相違が一元管理を複雑なものにしている。 また、商品情報などを提供しているWebサイトにおいて、最新情報の更新までにタイムラグが発生している。