テンダのDX

ウェブ開発

RPAロボットへの影響が出ないように既存サイトをリニューアルしたい

既存サイトをリニューアルしたいが、作業効率のために作成したRPAロボットに影響が出てしまうため、なかなか実現できていない

課題

サイトリニューアルをしたいが、RPAの改修は行いたくない

該当サイトからRPAロボットを用いた情報収集を毎日行っている。
サイトリニューアルをしたいが、サイトのデザインの変更を行うとRPAロボットの稼働に影響が出る可能性が高い。
RPAロボットは現行のままでの利用を継続したい。

解決アプローチ

サイトのデザインから改修まで総合的な提案

テンダでは、以下のように、サイトのデザイン、RPAの解析、実装まで総合的な提案が可能。

・RPAロボット稼働に必要なセレクターの洗い出しを行う
・新しいサイトデザインの提案
・現行のRPAロボットが稼働できる環境を維持
・現行サイトをリニューアル

達成効果/期待効果

既存のRPA機能を維持したままサイトリニューアルに成功

希望通り、サイトリニューアルを行うことができた。
RPAロボットの動作まで考慮しているため、ロボット稼働に影響は出なかった。
サイトリニューアル後の運用方法の変更が発生しなかっため、満足いただける結果となった。

SERVICE / SOLUTION

この課題を解決した
サービス・ソリューションの紹介

サービス

『SIサービス』システム開発・保守

テンダのシステム開発・保守サービスです。お客様のニーズに合わせた業種・目的を問わなず幅広く対応を行ってます。

外部サービス

自動化ツール『UiPath』

UiPath社が提供するRPA(自動化)ツールです。人間が行っているパソコン上の特定の操作をロボットに対応させることで作業の効率化を実現します。

CASE

関連する課題解決

ウェブ開発

WordPressで作成したWebサイトを改ざんされてしまった

第三者による不正アクセスがあり、既存のWebサイトを改ざんされてしまった。 今後も発生しないか不安が残るためセキュリティを強化したい。

ウェブ開発

既存システムがWeb会議を想定しておらず使い勝手が悪い

稼働中のWebシステムについて、面談予約や設備予約の機能がある。Web会議を想定した設計になっておらず、予定登録を二重に行う必要があるなどの手間が増えている。

アプリ開発

交通事業において、交通上の異常が発生した時の現場とのコミュニケーションを円滑にしたい

線路や道路など、交通上の異常が発生した時、現場責任者、担当者との連絡は電話ベースの連絡のみとなっている。 怪我をされた方がいるケースもあるため、現場状況の把握をできるだけ迅速に、正確に行う必要があるが、電話のみでは限界がある。

ウェブ開発

Webサイト管理システムの老朽化によりパフォーマンスが低下し困っている

システムの老朽化によりWebサイトコンテンツを管理するCMSの反映速度が極端に遅くなっている。 公開の遅延が発生し、新しい情報の提供に支障が出ている。