テンダのDX

ウェブ開発

既存システムがWeb会議を想定しておらず使い勝手が悪い

稼働中のWebシステムについて、面談予約や設備予約の機能がある。Web会議を想定した設計になっておらず、予定登録を二重に行う必要があるなどの手間が増えている。

課題

面談予定登録や設備予約機能が現在の運用に合っていない

コロナ禍のためWeb会議をする場面が増加しているが、それ以前から導入しているシステムがWeb会議を想定して作られていないため問題となっている。

例えば、社員との面談などを行うためのWebシステムのケース。
予定管理、予定通知メール送付、面談後の結果記録ができるというもの。
従来であれば対面での面談が基本だったため、予定登録と併せて会議室などの設備予約を備えていた。

近年、Webでの面談が増えてきてからは、設備予約機能が意味をなさなくなってきている。

本件のポイントは以下の通り。
・リモートワークが一般化し、現実の設備に対する予約機能がほとんど使われていない
・Web会議を想定していないため、本システムとWeb開始ソフトの両方に予定登録が必要
・予定の多重管理が発生するため、どちらかの設定が漏れてしまうリスクがある

解決アプローチ

ZoomやTeamsなど既製のWeb開始ソフトとの連携

モデルケースではZoomの利用者が多い状況を踏まえ、Zoomとの連携機能を開発。

システムから面談予約登録を行う際に『Web面談予約』指定を行うと、対象者のZoomミーティングが自動的に登録。
登録された情報は自動でメール送付する仕様とした。

達成効果/期待効果

リモートワークに適したシステムに進化

既製のWeb開始ソフトと自動連携することで面談予定登録がスムーズになった。
Webシステム側からもZoomを起動することができるため、システムの利便性も向上した。
管理者の面談設定の手間、面談対象者のアクセスの手間、両方が解消する結果となった。

更に、Microsoft 365導入企業に対しては、Teamsとの連携を実装。
システムから面談予約登録を行うとTeamsのWeb会議が自動登録され、その予定はTeamsのカレンダーやOutlookのスケジュールにも自動登録されるようになった。

SERVICE / SOLUTION

この課題を解決した
サービス・ソリューションの紹介

サービス

『SIサービス』システム開発・保守

テンダのシステム開発・保守サービスです。お客様のニーズに合わせた業種・目的を問わなず幅広く対応を行ってます。

CASE

関連する課題解決

ウェブ開発

WordPressで作成したWebサイトを改ざんされてしまった

第三者による不正アクセスがあり、既存のWebサイトを改ざんされてしまった。 今後も発生しないか不安が残るためセキュリティを強化したい。

ウェブ開発

RPAロボットへの影響が出ないように既存サイトをリニューアルしたい

既存サイトをリニューアルしたいが、作業効率のために作成したRPAロボットに影響が出てしまうため、なかなか実現できていない

アプリ開発

交通事業において、交通上の異常が発生した時の現場とのコミュニケーションを円滑にしたい

線路や道路など、交通上の異常が発生した時、現場責任者、担当者との連絡は電話ベースの連絡のみとなっている。 怪我をされた方がいるケースもあるため、現場状況の把握をできるだけ迅速に、正確に行う必要があるが、電話のみでは限界がある。

ウェブ開発

Webサイト管理システムの老朽化によりパフォーマンスが低下し困っている

システムの老朽化によりWebサイトコンテンツを管理するCMSの反映速度が極端に遅くなっている。 公開の遅延が発生し、新しい情報の提供に支障が出ている。