テンダのDX

アプリ開発

交通事業において、交通上の異常が発生した時の現場とのコミュニケーションを円滑にしたい

線路や道路など、交通上の異常が発生した時、現場責任者、担当者との連絡は電話ベースの連絡のみとなっている。 怪我をされた方がいるケースもあるため、現場状況の把握をできるだけ迅速に、正確に行う必要があるが、電話のみでは限界がある。

課題

現場とのコミュニケーションを円滑にしたい

モデルケースは交通機関の現場管理である。

交通上の異常が発生した時、現場責任者、担当者との連絡は電話ベースの連絡のみとなっている。

現場状況の把握をできるだけ迅速かつ正確に行う必要があるが、電話のみでは限界があった。

改善のため、システムなどを用いて以下のようなことを実現したい。

  • 現場の状況確認を写真でも行いたい。
  • 現場からの報告が何時に行われたか、時間軸で把握したい。
  • 報告書をまとめる手間を減らしたい。

解決アプローチ

定型文による質問形式での現場状況を報告できるツールを提案

現場へiPadを導入し、報告ツールをiOSアプリとして作成することを提案

現場からの報告をスピーディかつ正確に行えるようにするため、定型文を用いたチャット形式での報告機能と、現場の状況をそのまま伝えられる写真投稿機能を搭載するものとした。

達成効果/期待効果

現場からの状況報告が迅速に行えるようになった

定型文を用いたチェット形式の報告ツールとして構築。

現場からの状況報告が迅速に行えるようになり、有事発生時からの経過が追えるようになった

写真での確認が取れるため、現場状況把握の精度向上にもつながる。

チャットツールの投稿内容は、時間軸に沿った報告書として出力可能であるため、報告書作成の作業が軽減化された。

SERVICE / SOLUTION

この課題を解決した
サービス・ソリューションの紹介

サービス

『SIサービス』システム開発・保守

テンダのシステム開発・保守サービスです。お客様のニーズに合わせた業種・目的を問わなず幅広く対応を行ってます。

CASE

関連する課題解決

アプリ開発

サイズ計測が手軽に行えるスマートフォンアプリを公開して集客につなげたい

セミオーダー品の販売をするアパレル業をしているが、来店が前提となるため遠方のお客様に利用してもらうことが難しい。

アプリ開発

既存アプリの課題が明確になっておらず、どこから手を付けて良いかわからない

リリース済みの旅行情報アプリが利用者ニーズを満たせていないため大きく方針転換をしたい。 現在の利用状況の分析ができておらずどう進めて良いかわからない。